商品撮影が「カンタン」「キレイ」に出来る撮影セット。準備~片付けが1分で完了します。

フォトラの基本 商品撮影のコツ

フォトラ独自の置き方や使い方について紹介します。

フォトラをより使いこなす為にもしっかり確認してください。

 

フォトラって何?

 

ライティングの活用

フォトラには「準備片付けが簡単」「2台セットできれいに撮れる」「収納スッキリ」

など、他の照明とは違う特徴がありますが、

実際に使用して一番感じるのが「ライティングが楽」という事です。

被写体とフォトラ本体の位置や角度、距離を変えると光の当たり方が大きく変わります。

台に乗せたり、三脚に取り付ければ高さを変える事も可能です。

カバーの角度やディフューザーを使う事でも調整できます。

※ライティングとは照明そのものや撮影手段の事を指す場合もありますが、

フォトラでは照明を駆使する事を指します。

フォトラの置き方

●通常の置き方=商品をキレイに写す

影を薄くして、商品を際立たせる方法です。

フォトラ①で被写体全体を明るく照らし、フォトラ②で影を薄くします。

撮影例

 

●立体感を出す=半逆光を使う

料理や植物など立体感やツヤ感を強調したい時に適しています。

フォトラ①を被写体の奥に置き、フォトラ②で正面を照らすと、

手前に影、奥にツヤができるため立体感が作りだせます。

フォトラ②を被写体から遠くしたり、

付属のディフューザーを使い光の強弱をつけると効果的です。

撮影例

特に料理撮影の基本とされる方法です。

 

●全体的に明るい写真を撮る=背景紙を照らす

フォトラ①で被写体を照らし、フォトラ②で背景紙を照らすと

背景紙にも光が当たるので画面全体が明るい写真になります。

撮影例

フォトラと被写体の距離を変化させると影の出方が変化します。

フォトラの置き場所や角度を変えてみましょう。

●透過光を使う

アクセサリーなどの小物に限られてしまいますが、

フォトラの上にアクリル板などの透明な板をおき、

その上にアクセサリーやガラス製品をおくと、

下からの光で幻想的なイメージの写真が撮影できます。

※必ず露出補正機能を使いましょう

撮影例

フォトラは2台が標準装備なので1台は下からの照明、

もう1台は横からの照明と色々なシチュエーションでの撮影を可能にします。

光を透過するアクセサリーが下からの光で幻想的に輝いています。

台を使う

直置きの場合

真横から光が当たるので強い光になり、光と影のコントラストが強くでます。

また、大きな物を撮る時は上部に光が当たりづらくなります。

撮影例

上に影ができています。

台に置いた場合

上からの光が当たるので、平均した光になります。

※10cm~20cmの安定した台を御使用下さい

撮影例

上までしっかり光が当たっています。

●背景の高さ

大きいものを撮影する時は、背景の高さが標準だと約27cmなので、

背景紙の高さも上げる必要があります。

背景紙台を安定した台に載せましょう

三脚を使う

三脚を使うと、上から光を当てる事で全体に光が回ります。

また三脚を使用する事でフォトラ自体の角度の調整が可能になります。

フォトラ下部に三脚取付穴がついています。

撮影例

カバーを活用する

フォトラ本体の「カバー」は、レフ板の役目と、ライトの光を調整する働きがあります。

カバーの開閉具合で光量の調整ができます。

ディフューザーを活用する

反射する物の場合、黒のディフューザーを使い、カバーからの光だけにすると光の調整がしやすくなります。

【通常時】

撮影例

専用ディフューザーを使わない場合、横からの光が強すぎて色がとんでいます。

【ディフューザーを使った場合】

撮影例

黒のディフューザーを使い、カバー部分の間接光で撮るとキレイに写ります。

※被写体のテカリや反射が気になる場合は、専用ディフューザーを使ってみましょう。

白ディフューザーを使えば、フォトラの光がやわらかくなります。

黒ディフューザーを使えば、カバー部分の間接光で撮影できます。

 

 

フォトラでの撮影例を見る(ギャラリー)

フォトラについて知りたい

フォトラの仕様を見る

 

PAGETOP
Copyright © 有限会社 大里化工 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.